Chatbot, AI and IoT Solutions with Jetrun
True Blue Jetrun.

謹んで新年あけましておめでとうございます。


2016年、当社が従来から蓄積してきた自然言語処理のノウハウに機械学習を組み合わせた人工知能的なアプローチによって、国内外の著名な企業から問い合わせが殺到し、年末にはLINEのボットアワードへ協賛したプレスリリースにて2016年を締めくくりました。

人工知能と同時にブラック企業というキーワードも日々目にする一年でした。

ベンチャー企業や新しい産業を創造しようとする事業者にとって労働条件の厳格化は現実的に厳しいものがありました。

理由は簡単です。安定した大企業に就職を希望する学生や求職者が多い中、まだ不安定なベンチャー企業や中小企業が戦力となる良い人材を獲得するのは困難で、どうしても大手で採用を見送った求職者を引き受け、育成を前提にした採用となっているからです。

未経験者のプログラム開発業務は、考えながら、調べながらとなりますので、戦力と呼べる主体的な開発が出来るようになるまで、作業補助が中心で育成に数年を要しますが、長期に渡って戦力外で雇用を継続するのが経済的に困難なこともあり、本人の熱意と努力が重要です。結果、長時間労働となりやすい職場環境となっていきます。

当社は創業以来、他社のツールや仕入れをせず、派遣の受け入れもしない姿勢を貫いてきましたので、役員や社員はエンジンであり、宝物でもあります。しかしながら、自然言語処理のリーディングカンパニーとして、これまでの採用を根本から見直し、戦力となる人材を獲得する企業努力が急務です。その為には働き方改革、採用の改革をセットで実施しなければなりません。

働き方改革では、時間内における生産性の向上と、成果の見える化は必須ですので、自社で開発した多機能のAI管理ボットを真っ先に自社へ導入し実証実験を兼ねて運用いたします。採用においても、AIボットでエントリーシートをチェックしたり、中途採用の一次試験やアルバイトの採用はボットのみで遂行するよう整備します。

既に昨年末の京都支店における学生アルバイトの採用試験ではボットによる試験を実施済みで、学生らが目を輝かせてボットと対話し回答していたのが印象的でした。

AIボットが人間の代わりになるかどうか、現段階では部分的ではありますが、Google社の翻訳が昨年劇的な進化をしたように、AIボットが平均的なヒト以上の成果を獲得し、人間が行なっていた業務の置き換えが進んでいくことは間違いないでしょう。

ホワイトカラーの生産性向上に、すべての事業者に是非当社のAIボットの採用を検討いただきたく思っております。

2017年、皆様にとりまして素晴らしい年になりますことを心よりお祈り申し上げます。社を代表しまして、本年もJetrunテクノロジをよろしくお願い申し上げます。
※対話APIはLINE社のLINE BOT AWARDSへAPI提供パートナーとして協賛しております。

2017年1月 Jetrunテクノロジ株式会社
代表取締役社長 兼 CEO 野武 浩