Chatbot, AI and IoT Solutions with Jetrun
True Blue Jetrun.

「センシティブ分析」

- 隠語自動検知によるAI・ロボットの振る舞い、サイトの健全化に -

「センシティブ分析」を用いることでAI・ロボットが隠語を含む公序良俗に反する有害な情報を自ら判断して除外可能になります。

機械学習を行う際のデータクレンジングにもご活用頂けます。

また、弊社はセンシティブ分析技術だけでなく、フィルタリング用のワードをお客様に合わせてご提供することも可能です。

1.膨大なデータの中に潜む有害情報をリアルタイムに検知

例えば、 AI・ロボットは人間とのやり取りの中で有害な情報を知らずに覚えてしまったり会話に使用してしまう事があります。

これらの隠語は、一見なにを指している言葉がわからないものだけに、AI・ロボットが言葉を覚えて人間と会話する際に使用してしまい、人間が不快な思いをするリスクが高まります。

AI・ロボットの発言に人間が不快になったとしても、彼らは何故そうなったのかを知らないのです。

2.言葉の組み合わせ、言葉の役割による検知

「詐欺」に使われるような言い回し や「誘導語」「犯罪」「差別表現」などのようなWebサイトのレギュレーションに違反するようなワードはもちろん、「ネット」の外に誘導する表現との組み合わせなど、「行動解析」も含めて検知します。

3.ロボットによるリスクモニタリング支援

ロボットにより自動化することで、安定した品質とスピードを提供します。
膨大な人員の導入が必要な、有人監視サービスへの目視量最適化および人員の最適化や自社サービス内における書き込みのフィルタリング・モニタリング等を支援します。

有人監視においてコスト高の原因となる、稼働人員と作業量を減らし、コストの最適化を実現

4.AI・ロボットの振る舞いにセンシティブデータセット提供

人間の知識を人工知能に覚え込ませませんか?


人工知能やロボットは人間の発言から有害な情報を覚えてしまったり、それを会話で使用してしまうことがあります。
弊社はセンシティブ分析技術だけでなく、フィルタリング用のセンシティブワードを
お客様に合わせてご提供することが可能です。

5.センシティブ分析を支える高機能辞書

当社が提供するセンシティブ分析技術は、言語解析エンジンTrueTextを活用しています。
TrueTextはそのバックボーンに解析用の大規模な語彙を保有し、それを活用することで、他社には出来ない、ニュースの自動仕分けを可能にしています。

細かなニーズに対応できる30万語を越えるセンシティブワード!

多くの語彙を持つ当社ですが、フィルタリング用のセンシティブワードについても多種多様な言葉を保有しています。
事件や宗教や武器を初めとした、あらゆるカテゴリを取り揃えている為、あらゆるサービスのレギュレーションに合わせて、フィルタリングを行うことが可能です。
独自拡張辞書に関する詳細はこちら

導入例

6.導入形態とご利用価格

幅広く安心の導入形態をご用意しております。
詳しくは、下記リンクよりご確認いただけます。
導入実績はこちらから | 導入形態・ご利用価格はこちらから

NTTドコモ様が提供する"レコメンドサービス"にも採用されています。

Information