Chatbot, AI and IoT Solutions with Jetrun
True Blue Jetrun.
メニュー表示

2013年6月13日

ネット選挙の更なる充実を目的とし選挙プロデューサー向けに
ネガポジ評価を活用したテキストマイニングレポートを提供

PDFファイルで表示

Jetrunテクノロジ株式会社(ジェットランテクノロジ 東京都港区 代表取締役社長:野武 浩、以下Jetrun)は、テキストマイニングエンジンTrueTextを活用して、ネット選挙の背後に潜むリスクが高い話題を自動的に収集、検知、レポートする「ポストレポート(ポスレポ)」を期間限定で提供する。

概要

ネット選挙は政党や立候補者にとっては、不特定多数の有権者や支援者に対して直接情報発信できるというメリットがある反面、意図しない形で有権者や支援者に伝わってしまえば、誹謗中傷や風評被害のターゲットになり得る可能性を秘めており、選挙活動にとって不利な状況にさらされる事になる。リスク検知には、インターネット上の有権者からのクチコミをすばやく、正確に把握できるかが鍵になる。

Jetrunでは、公序良俗やモラルに反するようなキーワードを30万語以上保有しており、通称や略称、スラングなどと言った表現にも対応していることから、政党や候補者に対するあらゆる情報を自動的に検出し、数値化する事ができる。また、政党や立候補者にどのような意見がよせられているかを収集し、リスクになるであろう特定のキーワードや不適切な言い回しをリアルタイムに検知する事で、ネット選挙の健全な運用支援を行う。

ネット選挙における不適切発言の検知
活用例:不適切発言の検知

主機能としては、ネガポジ分析機能、話題分析機能がある。例えば、政党に対する有権者の評価は、ポジティブな意見が多いのか、ネガティブな意見が多いのか。さらに、ポジティブな意見では、どのような話題やキーワードが中心になっているのかなど、話題の成分を分析する事で、多角的な分析結果を提供する事ができる。
また、ポスレポで使用しているキーワードは新語や流行語についても追従しているため、社会の今を知る気づきにもなる。
レポートの依頼方法はシンプルで、レポートを依頼したい政党や候補者は、評価の対象になる“気になるキーワード”をJetrunに伝えるだけで、レポートが定期的に提供される仕組みである。コストをかけずに、業務の標準化や効率化という点からも効果を実感頂ける。

有権者の行動や感情をレポートとして見える化
活用例:有権者の行動や感情を数値化

JetrunテクノロジのテキストマイニングエンジンTrueTextは、言語解析技術とキーワードの情報鮮度の高さと数千万語を超える豊富な語彙数から、大手企業各社に導入されている。今回のレポート提供サービスは、ネット選挙における組織的な戦略などに役立てることができる資料として、活用頂くことを期待している。

【ご提供形態】

提供形態:レポート提供
納品:キーワード指定から、1~5営業日以内目安
費用:1クライアントあたり 35万円~
※キーワード数、機能、カスタマイズ等により変動いたします。

【関連URL】
テキストマイニングソリューション:

Jetrunテクノロジ株式会社 会社概要

会社名 Jetrunテクノロジ株式会社
URL
所在地 〒106-0045 東京都港区麻布十番3丁目6-2 NS麻布十番ビル 9階
代表者 代表取締役社長 兼 CEO 野武 浩(のたけ ひろし)
資本金 9,400万円
【本件に関するお問い合わせ先】
Jetrunテクノロジ株式会社
営業担当 :山本(やまもと)・牧野(まきの)・佐久川(さくがわ)
TEL

:03-6436-4275

事業内容


Jetrunテクノロジでは、によって生み出される、情報と情報を関連付けるテクノロジをベースに、ソーシャルメディアのユーザ投稿解析やビッグデータ分析、、 アプリゲームソースに活用できる等を展開している。

  • ※ TrueText®、jetrun、WordGRID®は、Jetrunテクノロジの登録商標です。


メディア 記載記事