Chatbot, AI and IoT Solutions with Jetrun
True Blue Jetrun.

テキスト解析、検索サービスをバージョンアップ ヒヤリハット事例もクラスタできる次世代型サーチエンジン/ビッグデータ分析

こんな経験ありませんか?

…倉庫の外壁改修工事の足場解体作業中に、部材を引き抜いたときにバランスを崩して墜落しそうになった。
当日はかなり…


…はしご兼用脚立を使って、新築住宅のタイル張り作業を行っていた時にふらついて足元がずれ落ちそうになった。脚立の高さは…


…フローリング材をトラックに積み込んだ時に、突風が吹いて足元がふらふらして転倒しそうになった。その後…

注意事故が起こってからでは手遅れです。
社内の報告書の中から、時系列でヒヤリハットの事例を整理します。
ヒヤリハット事例を通じて、あなたの職場に潜む事故発生要因を整理・分析することで、個人および組織、企業の事故防止対策に役立てます。

Jetrun(ジェットラン)の仕分けでこうなります。

ヒヤリハットに関連する動作を自動的にクラスタリング

クラスタリングによる整理

動作だけではなく、ニュアンスも自動的にまとめます

ニュアンスも判断可能

だから、似たような言葉で検索しても、同じ結果が返ってくる。
【どんな言葉で検索していいかわからない】を防ぎます。

揺らぎ吸収

お問合せはこちら

次世代検索 のこだわり

1.仕分け処理(クラスタリング)

更新日時やファイルサーバ内のフォルダ階層をはじめ、テキスト解析により文書内容に合わせた属性評価から検索結果を表示します。 営業、開発、購買、法務、経理等、特定部署や関連技術に合わせクラスタリングも可能です。 情報が埋もれがちなビッグデータから、ユーザの目的・関心に合わせた検索結果を表示します。

仕分けについて
2.幅広い検索対象ドキュメント

テキスト文書だけでなく画像・動画(サムネイル)を含んだ情報源を検索できます。 そのほかOffice文書(word、Excel)、PDF、Flashも検索可能です。
逆に、検索対象にしたくない文書のパターンを設定しておく事で、検索対象外にする事もできますので、安心してご利用いただけます。

対応ファイル形式
3.豊富なレポート機能

社内イントラネットに蓄積された「ビッグデータ」。全文検索エンジンのレポート機能では、検索キーワードや検索頻度の高い文書を管理画面で確認できるため、大量データや社内の動きを「見える化」します。検索エンジンを通して、社内の動きを簡単に把握できるため、リスク予測や新たな知見の発見に効果を発揮します。

豊富なレポート
4.心情を考慮するレコメンド

キーワードで探すだけでなく驚きや感動の度合での検索、たとえば「ふわっとした観光地は?」など、より心に感じたままに検索することで、検索エンジンがまるでヒトに近いアドバイスを実現します。
オノマトペ「もっちり、サクサクなど」での情報仕分けなど、次世代の検索サービス体験を提供いたします。

豊富なレポート

機能一覧

項目 機能概要
絞込み検索(AND・OR検索)機能AND・ORの検索条件を指定して検索することができます。
ソート検索機能更新日時やファイル形式をはじめ、テキスト解析により文書内容に合わせた属性評価から、 ソートしての検索結果を表示します。
ドリルダウン表示機能テキスト解析により記事内容に合わせた属性評価から検索結果を表示します。カテゴリや属性でクラスタリングしてドリルダウン表示する事で、より目的の検索対象へナビゲートします。
検索禁止キーワード機能検索させたくないキーワードを設定する事で、禁止キーワードに設定したキーワードは検索キーワードから除外します。
タグクラウド機能検索が多いキーワードほど大きなフォントで強調表示され、訪れたユーザーが流行をすぐに確認できます。
関連キーワード抽出機能検索キーワードに関連するキーワードを表示して、ユーザーの興味に関連する文書の検索を促し検索数の向上に繋がります。
文書内キーワード抽出機能検索した文書内からもキーワードを抽出できます。文書内にあるキーワードを抽出することで、ユーザービリティ/検索数の向上に効果的です。
サジェスト機能検索ボックスに入力されたキーワードを元に、マッチするキーワードを推奨して表示します。
サジェストするキーワードはインデックスされた文書に含まれるキーワードを元にして表示します。
検索キーワードのゆらぎ吸収機能ユーザによって異なる表記の違いを吸収して、正確で、幅広い検索結果を返すことができます。
ユーザーの満足度の向上に効果的です。
例)iPhone →アイフォン 、あいふぉーん、IPHONE ・・・
検索結果XML返却API機能検索結果をXML形式で返却するAPI機能です。お客様のシステムからAPIへ問い合わせ、受け取ったXML形式の検索結果を元に、ご自由に加工して画面表示する事ができます。

お問合せはこちら